医療・介護・福祉施設の傾向

医療・介護・福祉施設の傾向についてご紹介します。

■介護サービス施設・福祉施設

  • Wi-Fi需要が拡大
    • 施設入居者/利用者のニーズ
    • 介護ソフトの活用
    • 介護ソリューションの活用(見守り用カメラ、見守りセンサー、ナースコール、インカムアプリ)
    • 家庭用Wi-FiやPHSなどの古いシステムの更改
  • IT化による効率化、介護スタッフの負担軽減
  • 将来の介護ロボット/システム増加へのネットワークインフラ対応
  • UTXによるセキュリティの確保、安心感
  • 介護サービス施設としての差別化、競争力向上

■医療(病院・クリニック)施設

  • Wi-Fi需要が拡大
  • 配線が整理されていなく老朽化しており、回線速度が遅い
  • 家庭用ネットワーク機器が使用されており、処理能力と信頼性が低い
  • メンテナンスがされていないため、クラウド等で一元管理が求められている
    • ネットワーク機器のファームウェアが更新されていない。設置したまま放置されているケースも(ハッキングされる可能性も)
    • 脆弱性の対応も放置されているケースも(ハッキングされる可能性も)

■ヤマハのネットワーク機器をお勧めする理由

  • 安価で壊れにくいこと
  • 長期間タフなな環境でも安定的に動作する設計であること(各製品の動作適応環境を確認ください)
  • 製品サポート期間が長く、生産しても5年間ファームウェアの保守がされる(各製品によりますので、個別に確認ください)
  • 処理能力が高いこと(ネットワーク構成は接続台数、データ量などを想定したうえで設計させていただきますので、詳しくはSCSKもしくは販売代理店にお問い合わせください)
  • YNOでクラウド管理できること
  • 圧倒的な導入実績があること

■医療・介護施設関連のコラムや事例

以下をご覧ください。

過去の医療・介護・福祉施設関連コラム・事例一覧へ