濱田康貴氏のコラム「ギガアクセスVPNルーター RTX830実機レポート (1) LANマップ機能を試してみた」

みなさんこんにちは。今回からはギガアクセスVPNルーター RTX830(以下RTX830)の実機を起動してレポートしてみたいと思います。

ギガアクセスVPNルーター RTX830とは

RTX830は、2017年10月に発売された、小規模拠点向けギガアクセスVPNルーターで、RTX810の後継機種となります。『RTX830』では、従来モデル「RTX810」に比べ、以下の点で性能向上をしています。

  RTX810 RTX830
スループット 1Gbit/s 2Gbit/s
VPN対地数 6 20
VPNスループット 200Mbit/s 1Gbit/s
NATセッション数 10,000 65,534
最大消費電力 11W 11W

https://network.yamaha.com/products/routers/rtx830/index より引用

機能的な特徴としては

  • マルチポイントトンネル機能
  • 最新のLANマップ機能
  • USBシリアルによるコンソール接続
  • クラウド接続のかんたん設定
  • YNO (Yamaha Network Organizer) との連携

が挙げられます。今回はLANマップ機能を実機で試してみたいと思います。

LANマップ機能を使ってみよう

RTX830に搭載されているLANマップ機能は、ネットワークの状態が可視化され、機器の状態を確認したり、スレーブの設定を変更したりすることができます。

今回はRTX830をマスターに、L2スイッチ SWX2300-8Gをスレーブとした構成で、SWX2300-8Gに設定作業用のパソコンを接続しています。

LANマップを利用するには、RTX830側であらかじめ「設定」->「LANマップの設定」からLANマップを有効にしてください。なお、LAN分割機能を有効にしているインターフェイスでは、LANマップを使用できませんのでご注意ください。

RTX830 管理画面のトップから、LANマップをクリックします。

LANマップに、スレーブのSWX2300-8Gが表示されています。画面左下のツリーから、SWX2300-8Gをクリックしてみます。

このように、SWX2300-8Gの正面図とポートのリンクアップ状況、配下の機器が表示されます。

任意のポートをマウスでクリックすると、リンクアップ状況を確認することができます。

LANマップからスレーブ機器の設定をしてみよう

LANマップのマスター RTX830の管理画面からスレーブのSWX2300-8Gの設定をしてみたいと思います。SWX2300-8G側は、あらかじめconfigスイッチで以下の設定をONにしておきます。

  • L2MSをONにする(2番のスイッチ)
  • スレーブをONにする(3番のスイッチ)

それでは、SWX2300-8Gの設定を見てみましょう。

上記の図のように、「HTTPプロキシー経由でGUIを開く」をクリックします。すると、ブラウザのポップアップ画面からSWX2300-8Gの設定画面が表示されますので、ここから設定を行います。

今回は、はじめての起動なのでSWX2300-8Gの時刻を設定してみます。

このように、RTX830側からSWX2300-8Gの時刻設定を行うことができました。

いかがでしたでしょうか。LANマップ機能を用いることで、機器の状態確認を一元化でき、スレーブとなるスイッチの設定も行うことができました。これにより、運用工数の削減と品質向上が期待できます。