第4回「島ハブや島スイッチを簡単に管理する方法」(吉政忠志)

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 は吉政忠志氏によるコラム「ルーター・スイッチの基礎技術と最新情報」の第4回「島ハブや島スイッチを簡単に管理する方法」が公開されました。

###

改めまして、吉政創成の吉政でございます。この度、ヤマハのルーターやスイッチ、無線LANのマーケティング支援を行うこととなりました。ヤマハの通信機器は中小企業市場でかなり大きなシェアを頂いていることから、業界を代表する製品として、その技術や活用方法などを総務部門の方でもわかりやすくご紹介していきます。

さて、今回は島ハブ(島スイッチ)がテーマです。

島ハブというと、離島に生息する蛇のハブをイメージする人ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、ここでいう「島」はオフィスの机の「島」をさします。この「島」の下にはコンセントと一緒にネットワーク・ハブ(スイッチ)は点在していませんか?これこそが「島ハブ(島スイッチ)」なのです。人によって、島ハブといったり島スイッチといったりしますが、ここでは、蛇のハブと分けて理解いただきたいので、島スイッチと呼びます。

この島スイッチが近年システム担当の方にとってやっかいな存在になってきています。

この島スイッチは低価格化が進み、誰でも簡単に量販店や通販サイトで購入でき、構築も電源につないで、LANケーブルにつなぐだけで簡単に接続できる代物なのです。その様は電源の延長コンセントを買ってきて、つなぐような感じで接続できます。

この簡単に導入できる島スイッチが何故やっかいというと、システム担当の方が知らないところで、勝手に部門の経費で購入され、いつの間にか接続されていくことがあるからです。システム担当が管理していない機材が接続されると、障害時に原因特定に時間がかかり、その時間はネットワークが使えなくなることがあるから。やっかいなのです。今の時代、ネットワークがつながらないと仕事にならないですよね。しかも、その島スイッチの扱いは机の下に転がっているような劣悪な環境の場合もあり、障害が発生しやすいのです。

そこで、今回もヤマハが一肌脱ぎました!

島スイッチ並みの価格で、インテリジェンスなスイッチを提供し、LANマップで遠隔監視できるようにしました!

同じ島スイッチを導入するのでもヤマハの島スイッチであれば死活監視も含めて、遠隔で状況が見えるので、システム担当の方の負担も減ります。そして、万が一の障害時にも復旧が早くなります。そして、多くの方がご存知の通り、ヤマハの機器は壊れにくい!ので、障害も発生しにくいのです。

さらにさらに、2018年2月までのキャンペーンとして【Yamaha Network Organizer(YNO)無償お試しキャンペーン】を展開しています。

YNOを活用いただくと、ヤマハの島スイッチを含めて、ネットワークの管理をクラウド上で行うことができるのです。これは少人数でネットワークを管理されている方にとても喜ばれるサービスです。

YNOの概要とキャンペーンに興味がある方は以下をご覧ください。
http://www.scsk.jp/product/common/yamaha/yno_campaign.html

とっても便利なので、お勧めです!まだの方は是非お試しで使ってみてください。