【介護施設向けルーター&スイッチ使用例】病院間連携で、安全でスムーズな情報共有が実現

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今回は有線LANと家庭用の無線LANでネットワークを運用していた介護施設で、ネットワーク全体を見直したという例をご紹介します。

背景

サービスステーションに設置された有線接続のPCによって介護記録を入力していたものの、入力業務にとられる時間が長く、介護現場から離れがちになることを懸念していた。そのため、介護記録をどこにいても入力ができるようになれば施設利用者のそばで見守りながら業務ができると考え、Wi-Fi接続したタブレットを利用して入力しようと考えていた。

しかし、当時、コロナ禍でのリモート面会用に急遽導入した家庭用の無線機器しかなく、施設内に通信が行き届いているとは言えなかった。

さらに今後、新たなシステムを導入する計画もあったため、これを機にネットワーク全体を見直し、どこにいても安定的に利用できるネットワーク環境を実現しようと考えた。

課題

・どこにいてもタブレット端末で介護記録をとれるようにしたい

・業務用と利用者用の回線を分け、業務に影響が出ないようにしたい

・新たなシステムを導入しても問題ないネットワーク環境にしたい

対策

・しっかりとした現場調査を行い、通信が行き渡るように無線LANアクセスポイントを配置する

・利用者用と業務用でネットワーク領域を分ける設定を行った

・ネットワークの運用を外部に任せたい

効果

・どこにいても安定して通信できるようになり、懸念事項が解消されただけでなく、業務効率がUPした

・業務用と利用者用で回線を分けられたことでネットワークへの負荷だけでなくセキュリティも向上した

・LANマップによって障害児には原因がすぐにわかるようになり、運用サポートを効率的に受けられるようになった

ヤマハ製品一覧

ヤマハネットワーク機器製品は大規模、中小規模向けに各種揃っています。

最適な機器の選定にお悩みのようでしたらぜひSCSKやSCSKパートナーへお気軽にお問合せ下さい。お問い合わせフォームへ


お問い合わせ


購入前の評価機のご依頼、構成のご相談、販売店のご紹介、お見積り依頼、技術支援、営業支援、セミナー開催支援など、
以下よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ