企業ネットワーク環境整備の手順とポイント

皆さん、こんにちは。

南波真之(なんばさねゆき)と申します。

ビジネスにおいて必須となっているネットワーク環境ですが、どういったものがどのくらい必要なのかを把握している人は実際少ないです。

社内システム担当がいない企業の場合は、総務部門と知識があるメンバーが一緒に進めていくということもあります。

インターネットに繋ぐための無線LANアクセスポイントなどは、Wi-Fiがこれだけ普及している現在ではとても分かりやすいですが、企業ではその他にも整備しなければいけないネットワーク環境の要素がたくさんあります。

特に最近は、働き方改革やコロナの影響もあり、必ずオフィスに社員が集まって仕事を行うという事自体が減ってきているため、VPNの社外拡張やクラウド利用、認証の基盤整備、セキュリティ、それらの遠隔での集中管理といった多くの対応を企業側も求められています。

これは何も大企業やIT企業だけではなく製造、流通、小売、医療、飲食など業種業界を問わず必要です。

それでは、いったい何をどうすればいいのでしょうか。

ネットワーク環境の改善は自社の状況把握から

流れとしては、まず自社の現状を把握するところから始まります。どういった要望があるのか、どういった課題があるのか、どういった運用が望ましいのかを把握していきます。

その上で、例えば実際の仕事の際に有線接続と無線接続どちらも利用できるようにするかどうか、どのくらいの端末を会社のネットワークにアクセスするかなどを現状として記していきます。

それから、実際に自社の規模としてどういった機器がどのくらい必要なのかをメーカーや代理店経由で把握していき、運用や管理についての操作方法を決めてマニュアル化していくという形になります。

機器といっても、ルーターやスイッチ、無線LANアクセスポイント、セキュリティ対応のUTM、遠隔管理のためのクラウドサービスなど様々です。

ヤマハでは統一した機器でのネットワーク環境構築が可能

ヤマハは安定したネットワーク環境の実現を目指し、LAN製品のラインナップ整備、クラウド型管理サービス、オンプレミスとクラウドとの連携を高める仮想ルーターなど様々な機器を提供しています。同様に、近年増加するセキュリティー脅威に対応するUTMアプライアンスもあります。

(引用) https://network.yamaha.com/value

当然、1つのメーカーでネットワーク環境を統一させることにより各機器の連携の容易さや運用や管理の効率化が実現できます。

ヤマハでは、企業の規模問わずネットワーク環境の構築を行うため、例えば社員のPCやタブレットといった端末を無線LANアクセスポイントやルーターにつなぐこと、またそれを自社拠点とリモート用に構築する、リモートワークの環境整備などにも対応ができます。

ご検討されているのであればSCSKに相談からしてみてはいかがでしょうか。

ヤマハのルーター、無線LANアクセスポイント、UTMなど、ご興味がある方はヤマハネットワーク製品の一覧ページもぜひご覧ください。


お問い合わせ


購入前の評価機のご依頼、構成のご相談、販売店のご紹介、お見積り依頼、技術支援、営業支援、セミナー開催支援など、
以下よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ