インターネットが当たり前の時代…介護施設にも無線LANが必要に

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今は病院や予防接種の予約も含め、インターネット上で行える手続きが多くなりました。老若男女問わずインターネットを利用する時代としては当たり前ともいえますが、高齢者の方は本当に活用できているのでしょうか?

そこで今回は60歳以上のインターネット利用状況から、今とこれからの介護施設のWi-Fi/無線LANについて考えてみました。

60歳以上の高齢者もSNSを楽しんでいる

インターネット接続に利用される機器として多いスマホ。総務省が毎年公開している令和2年通信利用動向調査によれば、その所有率は60~60歳で64%、70歳代で35.6%、80歳以上で9.3%だそうです。

60歳以上の方がどのような目的でインターネットを使用されるかの細かな情報はありませんでしたが、SNSを通して知人や友人との交流を楽しんでおられる方が多いようです。

個人的に、70代前半までの方がスマホの利用を困難に思われているイメージはあまりなく、75歳以上の後期高齢者の方が割と困っている印象です。というのも、病院の窓口で「ネットで予約ができますよ」と言われて困っているのは大抵80歳前後の方で、「予約してきました」と颯爽と窓口を訪れる方は70歳以下と思われる方ばかりという光景をよく見かけるからだったりします。

(60歳以上の身内が複数人いますが、彼らの利用状況は年というより、ある意味で個人の性格が出ているので、年齢は関係ないのかもしれませんが…。)

今までの介護施設には要らなかったかもしれないけど、これからは…

さて、介護施設への入居は一般的に60~65歳としている施設がほとんどだそうです。

とはいえ、今は再雇用や雇用延長で70歳まで働かれる方もおられますし、そもそも70歳でも矍鑠とされた方ばかりなので、実際には75歳以上で入居されることが多いようです。(参考

そんな介護施設の無線LAN/Wi-Fiの敷設状況といえば、業務用にWi-Fiや無線LANを敷いている施設は約61.6%と結構多いのですが、入居者がWi-Fiを利用できるようにしている施設は約9.5%と少なくなります。(参考: 電波環境協議会資料

つまるところ、現状の介護施設の利用状況からすれば、そこまでインターネット利用を望まれる方が多くなかったからこその9.5%だったのかもしれません。

ですが年は過ぎるもの。これから入居される方の多くはインターネット利用を望まれる方が多くなると考えられます。

現在は、介護ロボットの導入支援の補助金があり、そこには見守りセンサー等の情報を介護記録にシステム連動させる情報連携のネットワーク構築経費も対象とされています。(詳しくは自治体へご確認ください。)

補助金がある今のうちに、施設内の無線LAN/Wi-Fiの設計・導入を進めておくのが良いかもしれません。

最適な通信環境については、利用者と業務用を分けた設計にするなどがあります。詳しくは電波環境協議会が公開している「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き(改定版)」がありますので、参考にしてみてくださいね。

医療機関・介護施設には守りたい情報がたくさんあります。適切な機器とネットワーク構成に加え、保守・運用体制が必要ですが、これらには専門家の知識が必要です。

SCSKではヤマハ機器のご提案と、構築のお手伝いを販売店様向けにしています。

ヤマハのネットワーク機器は数多くのラインナップを保有しており、定期的に無償でファームウェアのアップデートが提供されるため、継続して安全に利用できる環境を構築することができます。LANマップというネットワーク機器の運用状況を可視化できるツールも使用できるため、万一の時にはすぐに問題のある箇所を把握することができます。

構築・運用面で不安を抱えているようであれば、適したサポートを提供してくれるパートナーもいます。お悩みの方はぜひお問い合わせください。


お問い合わせ


購入前の評価機のご依頼、構成のご相談、販売店のご紹介、お見積り依頼、技術支援、営業支援、セミナー開催支援など、
以下よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ