患者向けWi-Fiの今…補助金終了と電波干渉

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

以前ご紹介した入院患者向けのWi-Fiの補助金が9月30日に終了を迎えてしまいました。

そんな中、がん経験者らによってつくられた民間団体「#病室WiFi協議会」によって、全国563医療施設に「インターネット環境が整っているか」という調査が行われ、その結果が公開されました。

今回はこの調査結果と今の状況についてまとめてみたいと思います。

全室無料で使えるのは20%の病院、使用不可は47%

この調査は2021年6月3日から8月27日にかけて行われたもので、恐らく導入率を調べたものの中で最新の情報だと思います。

調査対象となったのは全国の563の医療施設で、その内訳は一部重複しているものの、がん診療連携拠点病院が451、小児がん拠点病院が15、厚生労働省所管の国立病院機構の病院が140で、全施設から回答を得られたそうです。

(ちなみに、同団体のサイトによれば日本国内にある病院は民間・公共含めて約9000だそうです。)

この調査結果としては、使用不可は47%、無料ですべての病室で使用できるのは20%、一部区域使用可で27%、利用条件ありが3%だったそうなので、一応50%の病院で患者向けのWi-Fiが提供されているということになります。ちなみにこれから設置予定と回答したのは2%だったようです。

同団体による補助金が出る前後の比較はないので、補助金によって導入施設が増えたかを明確にすることは出来ません。

ただ、一応、ご参考までに以前取り上げた電波環境委員会による2020年度医療機関における適正な電波利用推進に関する調査の結果をご紹介しますと、約31%が患者も使用できるようにしているとされていました。この調査は補助金が出る前に行われています。

回答数と調査対象に違いがあるのではっきりとは言えませんが、一応増えているかもしれない…という、ご参考情報です

患者向けWi-Fi補助金終了…したものの、また再開の可能性あり?

さてそんな中、冒頭でも書いた通り、入院患者向けのWi-Fi補助金が2021年9月30日に終わりを迎えました。とはいうものの、「#病室WiFi協議会」のWebサイトを確認すると、政府からの正式な通達ではないものの、今後また補助金の対象とされる可能性があるようではあります。

(ところで、つい先日、政府は「無線システム普及支援事業費等補助金」の第二次公募を開始しました。こちらは基地局関連なので、あまり身近とは言えませんがご参考まで。)

患者が持ち込んだポケットWi-Fiで電波干渉が起きている?

携帯とWi-Fiが使用する周波数が異なることから、病院でのスマートフォンや携帯電話の使用を制限する病院は今ではほとんどありません。そのため、Wi-Fiや無線LANがない病院では患者自身のスマホやポケットWi-Fiを持ち込んで使用されていると思います。

そんな中、最近、患者が持ち込んだWi-Fiによって問題がおきているという話があるようです。

同団体によれば、ポケットWi-Fiなどの持ち込みが多くなったことで、業務用Wi-Fiと同じ周波数のアクセスポイントが増える状況になっており、電波干渉(無線干渉)問題が起きつつあると言います。実際、近隣の病室で電子カルテや心電図モニタに不具合が起こったという報告もあったようです。(参考

医療施設における無線LANやWi-Fiの患者使用を許すことは、患者の心の安寧や適切な医療を受けるのに必要なものといえます。特に昨今はインターネットによるコミュニケーションが容易なので、使えるようにしてあげたいと思う医療関係者の方も、使いたいと願う患者の方も多いと思います。

しかしその一方で、機器の選定や構築、コスト、運用保守、管理者の確保、セキュリティ対策といった課題を負担に思っている医療関係者の方もいると思います。

ですが、業務用のWi-Fiとの電波干渉が問題になりつつある今、あまりそれを放置しておくのは今後のことを考えればよくはないと思います。

今は様々な価格帯・機能を持つネットワーク機器がありますし、各ベンダーは医療機関に適した環境の構築やサポートをしていますので、まずはお付き合いのある専門家に相談していただきたいなあと思います。

ヤマハのネットワーク機器は数多くのラインナップを保有しており、定期的に無償でファームウェアのアップデートが提供されるため、継続して安全に利用できる環境を構築することができます。LANマップというネットワーク機器の運用状況を可視化できるツールも使用できるため、万一の時にはすぐに問題のある箇所を把握することができます。

SCSKではヤマハ機器のご提案と、構築のお手伝いを販売店様向けにしています。お悩みの方はぜひお問い合わせください。


お問い合わせ


購入前の評価機のご依頼、構成のご相談、販売店のご紹介、お見積り依頼、技術支援、営業支援、セミナー開催支援など、
以下よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ