【医療機関向けルーター&スイッチ使用例】ネットワーク専任担当者が不在、LANマップで外部にネットワークの運用を外部委託

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

病院によってはネットワークの専任担当者を置くことは難しいことがあります。そうした場合、医師や看護師、事務担当者が兼任していることが多いようですが、通常業務で忙しい中、専門外のネットワークの管理を担うことはなかなか大変だと思います。

そこで今回はヤマハのネットワーク機器を採用して、ネットワークを刷新し、外部に運用を委託できるようにしたという例をご紹介したいと思います。

背景

ネットワークを構築した開院当初と比べ、通信を必要とする業務や機器が増えたことで通信速度が安定しないと感じるようになっていたころ、ネットワーク機器が老朽化したことによるものか、障害が発生するようになった。

当時は専任のネットワーク管理者がおらず、事務員が管理しており、日々の業務の合間を縫って改善しようとしたがどうにもできず困っていた。そこでとりあえず機器だけでも刷新しようと思い業者に相談したものの、以前と同等の機器を紹介されただけで現状の使用状況に沿うものなのかが判断ができず、限界を感じていた。

そこでこれを機に、ネットワークの構築だけでなく、運用・保守をしてくれる業者に委託したところ、遠隔地からでも障害対応ができる機能を持つヤマハのネットワーク機器を紹介され、導入することにした。

課題

・通信を必要とする業務や医療機器が増えたことでネットワークにかかる負荷が上がっていた

・ネットワーク管理者が不在で、障害が発生しても電源を切るくらいしかできず困っていた

対策

・サイトサーベイを行い、適切に通信が流れるような位置に機器を配置

・ヤマハの機器が持つLANマップを活用

効果

・現在の院内の状態にあった無線LAN環境を構築、速くて安定した通信環境を手に入れた

・ネットワーク管理を外部に委託でき、ネットワークの見直しや障害時の対応に苦労しなくなった

・壊れにくいと評判のヤマハのネットワーク機器のため、安心して使い続けられるようになった

ヤマハ製品一覧

ヤマハネットワーク機器製品は大規模、中小規模向けに各種揃っています。

最適な機器の選定にお悩みのようでしたらぜひSCSKやSCSKパートナーへお気軽にお問合せ下さい。
お問い合わせフォーム


お問い合わせ


購入前の評価機のご依頼、構成のご相談、販売店のご紹介、お見積り依頼、技術支援、営業支援、セミナー開催支援など、
以下よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ