病院・介護施設でネットワークを構築するなら確認したいこと

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

コロナ禍による面会制限やDXの取り組みなどから、病院や介護施設でのインターネット活用の話題が活発になったように思います。

そこで今回は医療機関向けの無線LANやWi-Fiの設置に関するドキュメントをもとに、病院や介護施設での望ましいネットワーク構成についてまとめてみたいと思います。

ネットワーク利用は業務だけではなくなっている

医療・介護施設でのインターネット利用の主な用途としては、電子カルテや医療機器用の業務用がメインでしたが、コロナ禍に入ってからは、オンライン診察や患者・入所者向けに用意するところが増えてきました。

とはいえ、入院患者・入所者が使用できる無線LAN/Wi-Fiを用意している病院は今のところそう多くはありません。
中には検討しないとする医院もあり、その理由としてはコストや、運用面やセキュリティの懸念といった部分が挙げられるようです。患者からすればあったらうれしいWi-Fiですが、どうしてもそれなりのコストが必要ですし、運用の負担もありますので仕方のない部分ではありますよね。

さて、そんなあったらうれしいWi-Fiですが、導入している病院や介護施設の多くで、遅い・繋がらないというクレームが上がっているようです。そもそも医療機関に適したネットワーク環境とはどのようなモノなのでしょうか?

医療機関・介護施設で望ましいネットワーク構成とは?

電波環境委員会が公開している資料を参考にまとめてみました。該当の資料は医療機関向けとされていますが、介護施設でも活用できると思います。資料の詳細は参考リンクからご確認ください。

①Wi-Fiの周波数は2.4GHzではなく5GHz
2.4GHzは医療用機器をはじめ、様々な製品で使用されている周波数帯のため干渉がおこりやすいそう。一方、5GHzは衛星通信システムや、気象レーダ、航空レーダ以外では基本的にルーターでしか使用されていないため、2.4GHzより安定的した通信が可能ですが、障害物に遮断されやすいという特徴があるそうです。

②壁や医療機器の位置を考慮した上でネットワーク機器を配置する
病院や介護施設は医療機器が多く、遮蔽物も多くあります。そのため、現地調査をしっかり行った上で適切な場所にネットワーク機器を配置してあげなくてはなりません。場合によっては医療機器などの技術仕様の確認が必要なこともあるようです。

③用途・同時接続端末数など、利用状況に応じた設計をする
業務・医療情報用、患者用に分けるなど、用途に応じたチャネル設計だけでなく、同時接続端末数も考慮したほうがいいようです。また、保守・運用管理を容易に行える仕組みにするのも望ましいとされています。

参考リンク:
「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き(改定版)」等の公表|総務省
医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き(改定版)|電波環境委員会
医療機関における電波利用推進委員会2020年度活動報告

上記以外にも利用者側に利用上の注意を促すという点もありますがここでは割愛します。

医療機関・介護施設には守りたい情報がたくさんあります。適切な機器とネットワーク構成に加え、保守・運用体制が必要ですが、これらには専門家の知識が必要です。

SCSKではヤマハ機器のご提案と、構築のお手伝いを販売店様向けにしています。

ヤマハ製品は豊富なラインナップから機器を選択できます。柔軟なセキュリティ設定が可能で、無償バージョンアップが頻繁に提供されるため、守りたい情報が多い病院・介護施設に最適な製品です。

ネットワークの構築にご懸念・ご不安を抱えられているようでしたら、ぜひご相談ください。