オンライン診療を始めるならネットワークの見直しを。

こんにちは、吉政創成 菱沼です。
つい先日、厚生労働省はオンライン診療報酬の引き上げを発表しました。
オンライン診療自体、医療の提供という面で医師や医療関係者にしかわからない課題があると思います。また、そうした課題をクリアできたとしても、オンライン診療のための設備投資が必要な場面があることを考えて保留していた病院もあったと思います。
診療報酬が引き上げられることで今後、オンライン診療を本格的に検討する病院がでてくると思います。
そこで今回はオンライン診療と、それに欠かせないネットワークについて考えてみました。

オンライン診療で病院にかかるコスト負荷

オンライン診療自体は2018年から保険適用されており、主に高血圧症やAGAなどの治療で活用されていたようです。

以前は十分な診察・正しい判断ができないなどを理由としてあまり積極的ではなかったようですが、コロナ禍に入ってからは病院に足を運びにくくなり、また在宅医療を受ける必要が出てきたことからオンライン診療を取り入れる病院が増えてきています。

オンライン診療を行う病院では診療精度を上げるためにも動画やデバイス(バイタル測定など)、在宅モニタリングシステムなどを活用するなど様々な工夫をされているようです。

ただ、こうした機器への投資に加え、ネットワークの整備やオンライン診療用のアプリなど、病院がその環境を整えるために必要な投資は小さいものではなく、それまでの診療報酬ではなかなか回収することが難しいようです。回収するとなると、「療養の給付と直接関係ないサービス等の費用」として得ることになるようですが、ここで得られないと、場合によっては病院の収益は半分程度の減収となるそうです。

(参考:オンライン診療に対する医師の不安と患者の期待

今回、オンライン診療報酬が2倍に引き上げられることで、病院側の負担が減り、治療に集中できるようになればいいなと思う次第です。

従来のネットワーク環境はオンライン診療に耐えられるか

さて、オンライン診療で必要なのは言うまでもなく通信環境です。

患者との会話で使用されるだけでなく、診療精度を上げるための動画提供や、医療機器から受け取るデータもありますので、ネットワークにかかる負担はこれまでより大きなものになります。

診療中にネットワークに断続的・継続的な切断や遅延が起きれば、医者・患者ともに聞き逃しや誤解を生む可能性を否定できませんので、オンライン診療を始めるなら、ネットワークの整備はしておいたほうがよさそうです。

厚生労働省は「令和3年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」を支給しています。入院患者用の無線LAN/Wi-Fiの整備も対象とされているものです。(申請期限:2021年9月末)

いま、オンライン診療に限らず、多くの病院でシステム化が進んでおり、無線LANやWi-Fiなどのネットワーク環境は必要不可欠なものとなりました。どんな用途でも病院という空間では、継続して利用できることはもちろん、安全で安定したネットワーク環境は重要なものだと思います。補助金があるいま、これを機に安全で安定したネットワーク環境の整備を進められるといいですね。

ヤマハのネットワーク機器は数多くのラインナップを保有しており、定期的に無償でファームウェアのアップデートが提供されるため、継続して安全に利用できる環境を構築することができます。

SCSKではヤマハ機器のご提案と、構築のお手伝いを販売店様向けにしています。お悩みの方はぜひお問い合わせください。