【医療機関向けルーター&スイッチ使用例】院内ネットワークの見直しで遅延も解消、安定・安全な無線LAN環境を実現

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

病院では専門知識を持つネットワーク管理者が不在なことが多いと聞きます。そして、必要な機器を都度導入していった結果、院内のネットワークが複雑化しているということがよくあるそうです。

そこで今回はネットワークの全体を見直し、適切な機器の導入と配置によって安定した通信環境を手に入れたという病院の事例をご紹介します。

背景

病院のシステム化を必要に応じて都度進めていった結果、ネットワークの配線が複雑になってしまっていた。ネットワーク構成図も管理者もいない状態だったため、配線を何とかしようと思っても難しい状況になってしまった。

また、家庭用の無線LAN機器を使用していたため、ネットワークの通信速度が遅く、通信が行き届かない場所が出てきてしまっていたため、院内ネットワークをすべて見直すことにし、これを機にそれまで対策できていなかったセキュリティを含めたネットワークの運用保守を外部に委託することにした。

課題

・無線LANの速度が遅い
・通信が届いていない場所がある
・ネットワークの保守を外部から行えるようにする

対策

・家庭用無線LAN機器からヤマハの機器に入れ替える
・レイアウトと機器の配置を考慮したネットワーク構成に変更する
・ヤマハ製品で使用できるLANマップで遠隔地からの保守を可能にする

効果

・業務用の機器に変更されたことで、安定した通信環境を実現
・アクセスポイントを適切な位置に配置したことで、通信が届かない場所がなくなった
・遠隔地から保守が可能になったため、障害が発生してもすぐに対応してもらえる
・ネットワーク全体を見直したことにより、配線がすっきり整理された
・ヤマハのネットワーク機器は柔軟なセキュリティ設定と継続的な無償アップデートによって適切なセキュリティ設定が可能になった

ヤマハ製品一覧

ヤマハネットワーク機器製品は大規模、中小規模向けに各種揃っています。

最適な機器の選定にお悩みのようでしたらぜひSCSKやSCSKパートナーへお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせフォームへ