ゼロトラストなネットワークとは

皆さん、こんにちは。

南波真之(なんばさねゆき)と申します。

「ゼロトラスト」という考え方をご存知でしょうか?

現在、企業のネットワーク、セキュリティ分野で注目されている考え方です。

今回は、従来の考え方とゼロトラストの考え方についてお伝えしていきます。

ゼロトラストとは?

ゼロトラストは、「ゼロ」「トラスト」という言葉の通り、すべての接続を信用しないことを前提にしたセキュリティのアプローチのことです。

2010年にアメリカのForresterResearchが提唱した考え方のため、10年ほど前から考え方自体は存在していました。

昨今では、新型コロナウイルスによる働き方の変化と、2020年にゼロトラストの標準化(※1)が進んできたことなどの理由から、グローバル企業でもこの考え方が浸透するようになってきています。

ここ数年で普及が進んだリモートワークにより、会社の守るべき端末(PC、タブレット、スマートフォンなど)が会社外に出て使われるようになってきたことで、従来型(境界防御)だけでは不完全になってきました。

従来の境界型防御は、企業のデータセンターの中と外を境界で分断し、外側には脅威があるとみなします。そのため、外側から中にアクセスする際には大きな認証を突破しなければいけないようにするというものでした。

ゼロトラストは、全ての接続を信用せず、たとえ端末がどこにあろうと、「誰が、どんな端末を、どんな状況からアクセスしてきたか」という情報に基づいて、都度認証と許可を行うことになります。

つまり、ネットワークセキュリティと認証で接続する端末を確認することが重要になります。

端末だけではありません。

企業の重要な情報は一気に社内のファイルサーバ等から、パブリッククラウド上に貯められるようになりました。

そのため、従来の防御では、カバーできなくなってきたという理由もあります。外部のクラウドサービスにアクセスをし、情報を取得するという部分での境界が曖昧になることに加え、アクセス遅延も発生してしまうためです。

セキュリティに加えて、VPN機器への通信の集中で繋がりにくいという状況になってしまっている場合は、仕事をする上でかなり致命傷といえます。

そこを解消するのが、ゼロトラストということになります。

そのため、このような問題を解決するための対策が必要となってきています。

ヤマハのネットワーク機器の組み合わせで解消

ヤマハでは、ギガアクセスVPNルーター、スイッチ、ネットワーク統合管理サービス(YNO)など多くのヤマハ製品を揃えており、組み合わせることによって企業様の課題を解決しています。

ご興味ございましたら、以下のURLもぜひ御覧ください。

ヤマハネットワーク製品

https://network.yamaha.com/

(※1)NIST(National Institute of Standards and Technology)発行レポート「SP 800-207 Zero Trust Architecture」

https://csrc.nist.gov/publications/detail/sp/800-207/final


お問い合わせ


購入前の評価機のご依頼、構成のご相談、販売店のご紹介、お見積り依頼、技術支援、営業支援、セミナー開催支援など、
以下よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ