「ペーパーレス」「はんこレス」とリモートワークの両立のために欠かせない、ネットワーク管理

皆さん、こんにちは。

南波真之(なんばさねゆき)と申します。

インターネットを使った、「○○レス」の動きは、もうずっと話題になっています。

代表的なものとしては、「ペーパーレス」や「はんこレス」でしょう。

皆様の会社では、「ペーパーレス」や「はんこレス」は進んでいますでしょうか。

実際に、地方自治体でもタブレット端末を会議で利用している光景をニュースで見ることも増えましたし、はんこレスの動きも東京都を始めとして強く推進する様になりました。(※1)

また、国も各省庁レベルでペーパーレスの指針を出しており、更に紙作業やはんこ運用による仕事の非効率化の改善やCO2削減などの意味合いでも、コロナ後のこの数年間で一気に広がっていくことが予想されています。

システムやSaaSサービスでも「業務効率化」系は現在のトレンドですよね。

「ペーパーレス」も「はんこレス」も重要なのはネットワーク

さて、そういったインターネットを使った「〇〇レス」を実現するためには、仕事においての最適なインターネット環境が必要です。

自宅で仕事をする人が増えた今では、社員のネットワークが繋がりにくいという問題に、多くの企業が直面しています。

例えば、他の会社の方とオンラインでカメラもONにして打ち合わせをしているときに音声が途切れてしまった、接続が切断されてしまったという経験をお持ちの方も多いでしょう。

その場合、社員個人個人の自宅ネットワークの問題であることがほとんどのため、企業のネットワーク担当者が何か出来るということはありません。

しかしこれによって業務が滞ってしまっては元も子もないため、従業員の自宅ネットワークを会社で一括監視できる仕組みがあると便利です。

Yamaha Network Organizerでリモートワーク時のネットワークの一括管理を

Yamaha Network Organizer(YNO)は、企業の各拠点のヤマハネットワーク機器をクラウド上で、リモートで一括管理、対応ができる統合管理サービスです。インターネット環境があればYNOにアクセスすることが出来るため、企業のネットワークや技術担当の方がアクセスして管理やトラブル対応を行うことが可能になります。更に操作はGUIでできるため、ネットワーク担当者の知識や経験の差を問わず扱うことができます。

Yamaha Network Organizer(YNO)

この統合管理サービスを用いて、社員がリモートワークで接続している家のネットワークを統合管理することもできます。YNOが利用できるヤマハのネットワーク機器が必要ではありますが、ネットワークが遅い、つながらないなどで機会損失が多く出ているようであれば、会社のネットワーク担当社員が管理して対応したほうが効果的な場合もあります。

今回はYNOを紹介しましたが、ヤマハのネットワーク製品は、多くの実績と安定性、安全性を備えたルーターや無線LANのアクセスポイントを始めとし、お客様の「実現したいこと」に柔軟に対応出来ます。

ご興味ございましたら、以下のURLも御覧ください。

ヤマハネットワーク製品

https://network.yamaha.com/

(※1)東京都「はんこレス」へ 2021年度までに原則廃止