介護記録はタブレット、安定したネットワークでスムーズな業務を

こんにちは、吉政創成 菱沼です。
厚生労働省が介護事業者向けに、科学的介護情報システム「LIFE(ライフ)」というものを提供しているのをご存知でしょうか?今回はLIFEの役割と介護現場との関わり、それを支えるシステムやネットワークについて調べてみました。

LIFEでより効果的な介護サービスの実現を狙う

厚労省はかねてより、利用者の症状とケアの内容、そしてリハビリ計画書などの情報提供を求めてきました。

(参考:科学的介護|厚生労働省科学的介護とは?データベース「LIFE」活用でできること

LIFEは介護施設利用者の自立支援と重度化防止を実現するという目的を担っているそうで、蓄積されたそれまでの介護記録の情報と、臨床データなどの科学的な根拠を元に、施設利用者に必要なケアサービスがどういったものなのかをフィードバックします。介護施設側はフィードバックを元にケアを行うことで、より効果が得やすい介護サービスを提供できるようになるのだそうです。

介護報酬上のメリットもあるそうなので、登録されている施設も多いのではないかと思います。

タブレットは医療・介護の現場で活躍中、安定した通信環境で使いたい

とはいえ、介護現場は人手が不足していると聞きますので、忙しい日々の中で情報を整理し、提供するのは大変なことだと思います。

そのため、介護施設向けにケア記録などのシステムを提供している企業は、LIFEへの情報提供を容易にするため、CSVでデータを取り出せるようにし、タブレットによる入力を可能にしたものが増えているようです。

最近の医療現場でモバイルやタブレットの活用シーンが増えているのと同じように、介護施設でもタブレットを活用するシーンが増えていると聞きます。

それ以前の現場では、一度メモに書いたことを介護記録に書き写したり、手書きの介護記録を電子化したりといったことをしていたそうですが、タブレット端末を活用するようになったことで、その場でシステムに記録できるようになり、二度手間三度手間を減らすことができたという話を聞いたことがあります。いまやタブレット端末の存在は現場で働く方々にとってその負担を軽減させるツールになってきていることは間違いありません。

タブレットを使用する上で、何処にいても安定して使える通信環境は重要です。場所によって通信が届かなかったり、遅かったりするようであれば、スムーズに使える場所に移動してから記録しなくてはなりません。場合によってはせっかく入力したデータが消えてしまうこともあるかもしれません。忙しい現場で無用な手間を生まないようにしておきたいのはどこでも同じだと思います。

さらに、昨今は病院・介護施設での患者・利用者、訪問者が使えるWi-Fiを求める声が高まっていますし、病院がサイバー攻撃を受け一時的にシステムが使えなくなったというニュースも見かけました。
今後は以前にも増してセキュリティを考慮したネットワーク環境の整備は必要不可欠になってきそうです。

ヤマハ製品は豊富なラインナップに加え、柔軟なセキュリティ設定が可能なこと、無償バージョンアップが使用できることから、守りたい情報が多い病院・介護施設に最適な製品です。

SCSKではヤマハ機器のご提案と、構築のお手伝いを販売店様向けにしています。お悩みの方はぜひお問い合わせください。


お問い合わせ


購入前の評価機のご依頼、構成のご相談、販売店のご紹介、お見積り依頼、技術支援、営業支援、セミナー開催支援など、
以下よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ