LTEアクセスVoIPルーター NVR700W の活用事例~ネツエン・ミッション:コロナ禍で病院ネットワークを完成させろ!~

 新型コロナウイルス感染症拡大による影響はとてつもないと、改めて感じることが多い今日この頃です。とはいっても感染を恐れ全ての人間が家から一歩出なくなってしまったら社会生活は回らなくなってしまいます。感染症を正しく恐れ、適切な対処をしながら社会を回していくことが大切だと私は考えています。さて、今回紹介するのはコロナ禍に構築したネットワーク構築事例です。コロナの影響や災害の影響、様々な理由で予定通り事が進まないときってありますよね。そんな時、ネットワークエンジニア(ネツエン)のところには様々な相談が来ます。ネツエンは、さまざまな経験と知恵を絞りだして無理と思われることを実現するので、魔法使い、ロボット、権化など様々な呼ばれ方をします。

~ネツエン・ミッション:コロナ禍で病院ネットワークを完成させろ!~

 コロナ禍のなか負担が大きくかかっている業種の一つが医療関係です。意識の高い医療従事者の方々ありがとうございます!今回は2021年4月1日に開業予定の病院の工事現場の事例を紹介します。結果から申し上げますと予定通り開業できました。新築5階建て120床ある病院の建設段階から関わりネットワーク構築をしました。この規模の病院となると1年以上前からプロジェクトがスタートします。私がかかわり始めたのはちょうど開業の1年ほど前からです。ネットワーク要件の整理、どのようなデバイスがつながり、障害対策として電源障害、ネットワーク障害のリスクをどのようにマネージメントするか、さまざまなことを想定してネットワーク設計をします。私が意識していることは、最悪のケース、つまりシステム止まった時に、どう対処できるのかまでヒアリング行う事です。責任分界点の一つ先まで確認することで責任者不在領域を作らないためです。特に人の命が係わる病院という領域においては大切なことだと思っています。

現場にてNVR700Wの設定をする私

十分なヒアリングを行い、ネットワーク設計が出来上がり、機材調達となりましたが物の調達がおもい通りに行きません。一部の機材の納期が確定しないのです。2月から開業準備に入る予定のため、1月末にすべてを完了する必要があるのです。工事現場も人員不足と物の調達に苦戦し、12月の段階で工期が1ヵ月以上の遅延です。調達担当の協力も得て機材調達の見込みが立ちましたが、大量の機材の設定作業と取り付け工事のスケジュールがあいません。本来であれば全て設定済みのものを現地で取り付けるのが理想的な工程なのですが、それができないのです。しかも、工事現場の工程も遅れており、光ファイバーケーブル(回線)の引込も電源も開通していない状況で、現場作業者の人員を最低限にして感染症対策も意識しなくてはならない。見込みが立たない回線と電源の開通を待ってから動いたら、大勢の人員と感染症のリスクを高め、しかも完成に間に合わないかもしれない。追い詰められた私は、朝風呂に入りながらぼーっと考えていました。

活躍したポータブル電源

そうだ! LTEのSIMを使えるNVR700WからVPNを張り、リモートで各機器の設定と設置を同時並行させれば、現場とオフィスで分散して、感染症リスクを抑えながら工期を間に合わせることが出来るかもしれない。開通していない電源については、ポータブル電源を調達して、毎日夜に充電すればどうにかなるだろう。

 急な作戦変更でしたが、協力してもらったエンジニア及び現場作業者の方々には感謝です。速やかに実行できたことで、予定より早くネットワークを構築することができ、工事現場で重いCADデータのロードに苦戦していた工事現場の方々にも感謝されました。

今回の様に困った時のNVR700W頼み的な事は意外と多くあります。閉域LTE網を活用した災害時の情報インフラ構築提案を先日公開しましたが、興味のある方はこちらもご覧ください。災害時は地方自治体が組織の末端として地域の安全を守る必要があります。低コストで構築でますのでお気軽にお問い合わせください。

災害時でも電話もデータ通信も行える閉域LTE網

https://cyber-telework.jp/bcp_lte

LTEアクセスVoIPルーター NVR700W

https://network.yamaha.com/products/routers/nvr700w/index

ポータブル電源

https://www.jackery.jp/


お問い合わせ


購入前の評価機のご依頼、構成のご相談、販売店のご紹介、お見積り依頼、技術支援、営業支援、セミナー開催支援など、
以下よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ