ヤマハルーターで使えるGUIでVLAN設定を実行、迅速に最適なネットワーク運用を実現

こんにちは、吉政創成 菱沼です。
今回は導入事例の中から、公益財団法人北海道医療団 帯広西病院様の事例をご紹介したいと思います。

同院ではVLANを使用して厳密なネットワーク接続管理を行っていたため、異動が発生するたびに設定の変更作業が必要という事情がありましたが、担当者が他拠点に居たことやVPN接続環境がなかったことから対応に時間が掛かっていたそうです。
さらに、事業拡大によって院内にあるPCが増加したことから、ネットワーク利用の適正化を図りたいと考えられるようになったといいます。

本稿では本事例の概要と特徴をお伝えいたします。

安全で、迅速な対応ができる適切なネットワーク環境

本事例の特徴は、PCごとに接続できるネットワークを分けて運用をしていることにあります。

そのため、医師が異動すると、異動前に使用していたネットワークへの接続を不可とし、同時に移動してきた先で必要なネットワークに接続できるよう設定する必要がありましたが、拠点間で安全に接続できる環境がなかったことから、現地で設定する必要がありました。

ですが、それでは時間が掛かってしまいますので、遠隔地でもIT管理者が対応できるよう、ヤマハ機器を活用して拠点間でVPN接続ができるようにしました。

また、ネットワーク機器にヤマハ製品を採用したことで、スイッチや無線LANアクセスポイントを設定できるGUI(LANマップ)を使用することで可視化でき、医師と電話で必要なネットワークは何か確認しながらその場で設定を変更できるようになりました。

このGUI上では端末部分まで含めたLANのネットワーク構成や各機器の情報を確認できるようになっているため、同院のような厳密なネットワーク接続管理を行うような場所では有用なツールです。

またこの事例でもうひとつ特徴的だなと思うのが、既設の配線を上手く活用していることです。配線がない箇所には無線LANを追加することで、回線工事による業務への影響とコストを最小限に抑えることに成功しています。

医療・介護施設は機密情報に溢れています。

ヤマハ製品は豊富なラインナップに加え、柔軟なセキュリティ設定が可能なこと、無償バージョンアップが使用できることから、守りたい情報が多い病院・介護施設に最適な製品です。
今回の事例のように厳密なネットワーク管理を行いたい場合であればLANマップは強い味方になるのではないでしょうか。

SCSKではヤマハ機器のご提案と、構築のお手伝いを販売店様向けにしています。お悩みの方はぜひお問い合わせください。

事例の詳細

公益財団法人北海道医療団 帯広西病院 様
~離れた病院の医師の異動など、ネットワーク利用の変更に即座に対応。 VLAN設定もGUIで迅速に実行~

<課題>
・ネットワーク利用が適切であるか管理したい
・既設の配線を活用し、早く安価に導入したい
・異動や利用用途の変更を即時反映したい

<効果>
・使いやすく判りやすいインターフェースで全体のネットワーク構成を把握しやすい
・組織変更や異動にも容易に対応 VLANの設定変更もGUIで楽に設定、即時対応
・離れた拠点でも、現地に赴かずLANの状況や、設定変更できサービス提供までの時間を短縮

<お客様コメント>
Yamaha RTX1210を利用し病院間をVPN接続してGUIによるVLAN設定は、ネットワーク利用者と電話で通話しながら、設定変更ができるほど手軽ですので、利用者に不便な思いをさせずに、なおかつ、インターネットに接続できる、できない等の利用用途の制限を行ったうえでネットワークサービスを提供しています。加えて Zabbixによる監視環境を帯広第一病院側で自社構築し安定稼動を見守っています。