楽天コミュニケーションズのIP電話を使用してみよう

ヤマハ ルーターでは、PSTN(公衆回線網)として、ISDNやひかり電話のほか、SIPサーバー・電話帳サーバー、および楽天コミュニケーションズのIP電話への接続に対応をしています。

今回、NVR510を楽天コミュニケーションズのIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」にレジストし、外線発着信を行いました。
ダッシュボードより簡易に設定可能です。

環境について

既にNVR510をインターネットに接続、およびFUSION IP-Phone SMARTへのサインアップを済ませている事を前提としています。
TEL1ポートに、一般的な電話機を接続しています。

ルーターのセットアップ

ダッシュボードの「かんたん設定」より、「IP電話」→「SIPサーバー接続」を選択します。

<図1>

種別の選択にて「楽天コミュニケーションズ系SIPサーバー」とありますので、選択をします。

<図2>

FUSION IP-Phone SMARTの管理画面より以下の情報が確認できますので、そのまま入力を行います。

  • SIPドメイン名(SIPサーバーのアドレスと同じ)
  • SIPサーバーのアドレス
  • IP加入電話番号(050~)
  • アカウントID
  • IP加入電話パスワード

<図3・アカウント情報にマスク確認>

今回はプレフィックスとして、今回は「0」を設定しました。
これにより、一般的なビジネスフォンと同様に0発信による外線発信が可能になります。
プレフィックスを省略した場合、ダイヤルされた電話番号そのままで発信します。

<図4>

しばらく経つと、SIPサーバーに接続(レジスト)され、接続状態の表示が変わります。
この状況になると、電話機より発信・着信が可能です。

<図5>

■ おわりに

ヤマハ ルーターのSIP対応は以前から進んでいましたが、今回はPSTNの1つとして、楽天コミュニケーションズ様のサービスへ接続をしてみました。
どうぞ、参考にしてください。