「大震災だ!ネットも電話もつながらなくても、通信する安価な方法」

佐々木晶子氏のコラム最新号が鈴与シンワートで公開されました。
興味がある方はご覧ください。

#

今後30年以内に首都圏直下型の地震が起こる可能性が7割だと言われています。

大震災が起きた時は、一日もライフラインを復旧をさせて日常を取り戻したいものです。一方でビジネスの話をしますと、特に全国展開しているお客様は1拠点が震災でダウンしたとしても、他拠点は稼働しているので早めの復旧を実現し、全国レベルでのサービス維持を実現したいと思うのではないでしょうか。

復旧をさせようと思った時に、困るのはやはり電話や通信回線が落ちていることだと思います。

実際に震災が起こると真っ先に公衆回線網は通信規制がかかり、「現在、回線が大変混み合っております。暫く経ってから、お掛け直し下さい。」というアナウンスが流れます。企業の電話やスマホもつながらないことも多いです。

電話がつながらないと、インターネットでの通信が急激に増え、トラフィック過多による輻輳が起き、インターネットもつながらなくなります。さらに言えば、拠点間をつなぐ、光回線も物理的につながらなくなっている可能性があります。図にすると以下のようになります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/sasaki21/