「遠隔からクラウド経由でルータにVPNの設定を行ってみよう」

人気コラムニストのシオラボ氏のコラム最新号です。

興味がある方はご覧ください。

###
前回、ヤマハのネットワーク統合管理サービス「Yamaha Network Organizer(YNO)」を紹介しました。ネットワーク管理の負荷低減につながるような、サービスと感じていただけたのではないでしょうか。

そこで今回は、このYNOを使って、ルータにVPNの設定を投入してみます。無事にVPNを構築できるでしょうか。

実際にYNOを使ってVPNを構築する際は、事前準備が必要です。それらも踏まえて、説明していきます。今回、YNOの管理対象として使用する機器は、おなじみのルータRTX830です。
(1)YNOにログイン

まず、YNOを利用するには、管理する機器の台数分ライセンスを購入する必要があります。ライセンスを購入すると、YNOにログインするためのオペレーターアカウントが発行されます。アカウントが発行されたら、ログイン画面にアクセスしてみましょう。YNOのアクセスURLもアカウント発行時に通知されます。

YNOにアクセスすると、次のようなログイン画面が表示されます。発行されたオペレーターIDとパスワードを入力してログインします。

(この続きは以下をご覧ください)
https://news.mynavi.jp/article/vpn_howto-11/?fbclid=IwAR2CJNpU_mNBDHCfldRrI8r1aKMVPZDMKJ3X9F6xBpsQPeC0nCEJAaSce-0