NVR510は小規模オフィスに最適のルーター!(津村彰氏)

1.  はじめに

従来、このコラムではヤマハ RTXシリーズを中心にご紹介して来ましたが、小規模オフィスやブランチオフィスに最適な「ヤマハ NVR510」という製品も見逃せません。

NVR510は、従来のエントリーモデルであるRTシリーズを継承しつつ、現代の小規模オフィスやブランチオフィスに最適化されたモデルです。

今回は、どのような点で「小規模オフィスやブランチオフィスに最適なのか」をご紹介したいと思います。

ヤマハ NVR510 製品紹介

https://network.yamaha.com/products/routers/nvr510/index

2.  NVR510のあるシンプル社内LAN

NVR510を使えば、今後の拡張性を備えながら、シンプルに構成する事が可能です。

以下の図は、NVR510を使った社内LANの構成例です。

2.1.   小型ONU対応

NTT フレッツ光では「小型ONU」が提供されており、従来の「ONU」「ひかり電話ルーター」の代わりに機器に直接挿入して使用する事ができます。

上)フレッツ光 小型ONU

下)ヤマハ スイッチ用SFP(比較用)

これにより、機器間の配線や設置スペースを大幅に減らすことが可能であり、トラブル時や運用において、より簡単かつ確実な運用が可能です。

2.2.   ひかり電話対応

NVR510は、NTT東西の提供するIP電話サービス「ひかり電話」に対応しており、NTT東西の提供する「ひかり電話ルーター」の代わりに、ひかり電話の端末として動作します。

NVR510にはアナログ電話ポートが2つあり、電話やFAXといった機器の他、一般的な内線電話主装置(PBX)に、アナログ電話回線としても接続可能です。

また、別途ひかり電話に対応した内線主装置や、ひかり電話ルーターを使用した場合にも、本機能を無効化する事も可能です。

2.3.   LANマップ(L2MS)対応

LAN配下の端末の一覧や、機器の設定を一元管理する機能「LANマップ」に対応しています。

これにより、従来「どこに何が繋がっているか」「管理画面への入り方が判りにくい」といった課題も、ヤマハ スイッチ・ヤマハ 無線アクセスポイントを使用することで解決可能です。

2.4.   YNO(Yamaha Network Organizer)による遠隔管理対応

ある一定以上の規模の企業になると、機器の遠隔管理や設定の仕組みが必要になります。ヤマハが提供するYNOでは、ヤマハ ルーターの遠隔設定・管理を提供します。

これにより、遠隔にあるルーターでも手元にあるように管理する事などが可能になります。

YNO(Yamaha Network Organizer)

https://network.yamaha.com/products/software_service/ysl-yno/index

3.  おわりに

今回は、ヤマハ NVR510が如何に小規模オフィスに最適なのかをご紹介しました。

エントリーモデルとしては必要十分な機能を持ち合わせつつ、RTXシリーズよりも安価に導入可能なNVRシリーズを、どうぞご検討ください。

次回は、NVR510とのすみ分けや設定の互換性についてご紹介したいと思います。